人気ブログランキング |
2012年 08月 17日
巻障子修復
巻障子修復_b0245734_1713371.jpg

この度、ご門徒である中屋ご夫妻のご寄進で、
本堂の巻障子を修復して頂きました。

46年ぶりの障子の張替えです。

これまで張っていた紗は、
黒ずみ、破れ、劣化著しく、触ればポロポロ落ちるような状態になっていました。

今回、紗ではなく、和紙で張替えをして頂きました。

最初は、これまで同様、紗で張り替えてもらう予定でしたが、
お願いしようと思っていた模様入りの紗が化学繊維であった事や(なるべく天然素材を使いたい)、
風情など、少々悩んだ結果、
本山に倣って、白い和紙を張って貰う事にしました。

また、黒ずんでいた飾り金具も、汚れた鍍金を剥がして、再び本金で鍍金して頂きました。
巻障子修復_b0245734_1722265.jpg

ピカピカです。

古い本堂なので、和紙の白さや、塗りなおした金が、
変に目立ったり、浮いたりしないか少々心配でしたが、
違和感無く、綺麗になったと思います。

修復っていいですね。
先人が開け閉めしてきた巻障子を、これからも開け閉めさせて頂きながら、
先人がお伝え下さったおみのりを、これからも聴聞させて頂きたいと思います。

有り難う御座います。

(住職 記)

by housyuji | 2012-08-17 19:15 | 住職記


<< 版画倶楽部作品展「木版画日和」      本堂の屋根より >>