<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2012年 05月 14日
HP更新のお知らせ
住職のアトリエ」ページを更新しました。

版画作品を二点、水彩画作品を一点追加しました。
また、これまでの装画・チラシなども紹介する「仕事紹介」のコーナーも設けました。
こちらのページも今後充実していく予定です。

是非、見てみて下さい。
[PR]

by housyuji | 2012-05-14 08:40 | 坊守記
2012年 05月 13日
帰省
b0245734_1528139.jpg

娘が生まれてから一度も帰っていない私の実家、山形に明日発ちます。
途中、東京に一泊。
以前お世話になった、神谷町の光明寺さんに伺う予定です。
いずれにせよ松山、山形間は直行便はありませんし。

山形にはけっこう長居をするつもりです。
追い出されなければいいのですが。

荷物は送ったのですが、春服も夏服もいるのでけっこうな量に。
プラスお菓子作りのものとお裁縫のもの、本や娘のおもちゃなど、てんやわんやです。

ふー、色々気になって寝不足気味です。

さて、明日の電車→バス→飛行機→電車の道のり、どうなることやら…。
写真は、デパート屋上にてはしゃぐ娘。


(坊守 記)
[PR]

by housyuji | 2012-05-13 15:28 | 坊守記
2012年 05月 08日
【読書】恋する原発/高橋源一郎

恋する原発

以前「さようなら、ギャングたち」で一度度肝を抜かれている高橋源一郎。
「えっ、これ小説って言っちゃっていいの!?」って言うぐらい衝撃的でしたが、今回のは内容がすごかった。
トンでもないです。

高橋源一郎曰わく「大震災チャリティーAVを作ろうと奮闘する男たちの、愛と冒険と魂の物語w」らしいんですが、スケールが大きいというか枠からはみ出しちゃってます。
もういろいろ強烈なんです、とにかく。
大まじめにふざけていて、だから、とても重いです。
AV監督が主人公(多分…)なので、特に女性は読むのがキツかったりします。
中盤以降にある震災文学論、これがいいです。

ゲンパツを語るには、戦中からの記憶が、水俣病が、9.11が、そして3.11が、
「おそらく、『震災』はいたるところで起こっていたのだ。わたしたちは、そのことにずっときづいていなかっただけなのである。」

著者はこの原稿を書き上げたあとしばらく失語症になってしまったらしいんですが、私は多分、著者の小説はしばらく買わないと思います。
これより凄い(トンでもない)のが出てくるとは思えません。
それと、「ナウシカ」をもう一度読んでみようと思いました。
わたしたちは、腐海とともに生きなければならないのかもしれません。

興味のある方、是非。


「死者とともに生きよ、死は忌むべきものではない、と主張している。死者とともに生きなければ、人は、自分の生きていることの意味を理解できないほど愚かだからだ。」
「『文明』は、そもそも世界を浄化するためのものだった。知識や技術によって、人間が免れることができない『死』や『老化』や『貧困』から逃れるためのものだった。世界にとって、『死』や『老い』や『貧困』は、浄化されるべき『汚れ』だったのだ。」
「追悼と服喪は、起こったことに対してだけでなく、これから起こることに対してもなされるべきだと考えた。それこそが、現在に生きる者の債務であると考えた。なぜなら、そのとき、『未来の死者』が送ってくるメッセージの中に、まだ存在していない、未知の共同体の輪郭が書きこまれている、と考えたのである。」


(坊守 記)
[PR]

by housyuji | 2012-05-08 08:32 | 坊守記
2012年 05月 07日
【読書】あさになったのでまどをあけますよ/荒井良二

あさになったのでまどをあけますよ

娘がきてから、本屋さんで絵本を見る機会が増えました。
絵本自体、以前は殆ど興味がなかったのですが、よくよく見てみると面白い本がたくさんあって目移りしてしまいます。

いつも絵本を買うのは夫なのですが、この本は私が欲しくて買った初めての絵本です。

この絵本は震災後、荒井さんが初めて出版した絵本だそうで、色々な場所での朝の景色が描かれています。

「あさになったのでまどをあけますよ」
「わたしはやっぱりここがすき」
「きみのまちははれてるかな」
優しさに満ちたセリフと、画面いっぱいに描かれた私たちの美しい場所。

毎日同じ朝が来る安心感と、どんなことがあっても、どんな場所でも必ず朝が来るという希望が、綺麗な絵と共に描かれていて、この絵本を見ると泣きそうになります。
なんだか、哀しくて美しくて切なくなってしまうのです。
ずっと、大事に持っておきたい一冊です。

皆様も書店で見かけましたら是非。

(坊守 記)
[PR]

by housyuji | 2012-05-07 20:07 | 坊守記
2012年 05月 05日
連休
b0245734_1053379.jpg

b0245734_10533749.jpg

連休、如何お過ごしでしょうか。

毎年連休はご法事が続くので、家でジッとしているのが恒例です。
とはいえ、ご法事も以前に比べると随分減りました。

遊び盛りの娘がいても、天気の良い日は外で、雨の日は本堂で遊べるのでお寺で良かったなーと思います(笑)

最近の娘は、自分の思い通りにいかないとかんしゃくを起こしたり、私の顔を見ながらわざと怒られることをしたり、結構激しいです。
うーん、こういう時期なんでしょうか。
これは過ぎ行くものなのかなー、それとも今後もっとエスカレートしていくのかなー。
寝転んでただけの赤ちゃん時期が懐かしい…。

ともあれ、「子育て」が始まったという感じです。


(坊守 記)
[PR]

by housyuji | 2012-05-05 10:53 | 坊守記
2012年 05月 01日
あっ
b0245734_1949286.jpg

という間に5月です。びっくりです。

娘を産んでからの一年はとっても長く感じましたが、一年過ぎたあたりからは早いです。
少しずつ意志の疎通が出来るようになり、歩いている姿はもう赤ちゃんではなく子どもですねぇ。

昨日今日と、苺1キロと庭の甘夏12個をジャムにしました。
手作りジャムって大好きです。
お砂糖はキビ糖を使うので、わが家のは甘さ控えめです。

苺はともかく、甘夏12個はなかなかの体力勝負で手首が痛くなりました。
今まで一度に作るのは6個までで、12個は初めてだったのですが途中ちょっと後悔しました…。

なんとか無事に出来たので、しばらくはパンにお菓子にと楽しみたいと思います。
ホームベーカリーもいつか欲しいなぁ…。


(坊守 記)
[PR]

by housyuji | 2012-05-01 19:49 | 坊守記