2012年 11月 15日
京都にて
先日の京都旅行、京都に着いて真っ先に向かったのはやはり本山。
歴史ある広い本堂と境内に娘は大はしゃぎでした。
自分よりも色んな意味で大きい場所があるのは尊いな、と京都のキリッとした空気の中で思いました。

本山にお参りした後は、久しぶりの京都を堪能。
あそこ行きたいだのこれ食べたいだのと欲は付きないのですが、子連れだとなかなか難しい…。
とは云えやはりメインはお買い物。

最近作家物の器に興味を持ち出した夫が選んだのは、松尾潤さんの足付き皿。
どっしりした、雰囲気のあるお皿です。
釉薬の流れるような模様が素敵です。
b0245734_18514421.jpg


また、アンティークショップではこんなものも求めていました。
b0245734_18514079.jpg

幕末ぐらいの瀬戸物で、多分蒸し物用とのことでした。
我が家では香炉として使っています。

私が一番面白いと思ったのは、ふらりと入ったフェアトレード物を扱う雑貨屋さん。
もともと手作りものや作家ものに弱い私ですが、フェアトレード物独得の手仕事感と素朴さがツボでした。
b0245734_18514941.jpg

こちらはバングラデシュの手刺繍コースター。
まるで刺繍を刺している風景までイメージ出来てしまうような、味のある模様です。
今までフェアトレードものはチョコレートや珈琲豆など食品しか知らなかったのですが、他の物も俄然興味が湧いてきました。
松山にもフェアトレードのお店があるそうなので、今度行ってみようと思っています。

娘は行く先々のお店で可愛がってもらい、子連れで街歩きも楽しかったです。
でも娘は付き合わされて全体的につまんなかったかなー。
帰りは大阪にいる親戚の家に寄り、公園で走り回っていました。

それにしても京都楽しかったです。移動は大変ですが…。
また行きたいなぁ。

(坊守 記)
[PR]

by housyuji | 2012-11-15 18:49 | 坊守記


<< 新しい家電      季節のお供え物 >>